つんく♂がラストアイドルのユニットをプロデュース!?内容やメンバーは?

なんと、ラストアイドルのセカンドユニット
あわせたどれかのユニットを「つんく♂」
がプロデュースすることが決定しました!

つんくさんといえば、
一時期「モーニング娘。」を国民的アイドル
にした、超大物プロデューサーですね。

最近でも、スマホゲームの声優を
イコールラブから選抜するなど、実は今でも
アイドル業界で動いている大御所です。

今回ラストアイドルファミリー
に乗っかったということは
秋元康さんとの関係もきになるところです!

とても気になったので徹底的に調査してみました
のでご確認ください^^

スポンサードリンク

ラストアイドルファミリーとは?

ラストアイドルは、8月から秋元康プロデュース
で話題を呼んだ、アイドルオーディション番組です!

管理人エスプレも毎週見ていましたが、
毎週ごとに暫定メンバーと挑戦者と、
椅子の奪い合いが行われていて、、
ネットでも「残酷すぎる」と言われてきました。

秋元さんも当初とは予定が変わってきて、
負けた女の子達にも救済措置として、
ユニットを組ませてその数本家と合わせ
5ユニット25人

一気に坂道グループに継ぐ、秋元康
プロデュースの代表的なグループとなりました!

ラストアイドル

GoodTears

シュークリームロケッツ

someday somewhere

Love Cocchi

どのユニットも、地下アイドルでセンターを

はっていたメンバーが多かったり、顔面偏差値

がめちゃくちゃ高い美少女だったり、超注目

です!

それでは、各ユニットの詳細をみていきましょう!

グッティア(Good Tears)ラスアイファミリー初めてのセカンドユニット

まず一番最初に組まれたのが

Good Tears (グッドティアーズ)というセカンドユニットです。

メンバーは

  • 高橋真由
  • 王 林
  • 朝日 花奈
  • 池松 愛理
  • 相澤瑠香

と、ラストアイドル番組、前半の暫定メンバー
や挑戦者が並びます。

他のユニットに比べると、欅坂のイメージが
強いというか少女がもつ可愛さだけじゃない
強さを感じさせる注目ユニットです

スポンサードリンク

シューロケ(ラスアイファミリー)のメンバーは?

シュークリームロケッツは、唯一兼任をしている

  • 長月翠
  • 小澤愛実
  • 松本ももな

の3人ユニットで、ファミリーの中で一番少人数

になります。

今、セカンドユニットでは一番人気が高くて、

王道アイドルの新しいユニットグループとして

期待が高まっています。

ネットでも一番ユニットのメンバー選びが

完璧と言われていますね。

狙っているくらい、みんな小動物系のかわい

らしい子が揃っています

サムサム(ラスアイファミリー)とは?

someday somewhere
(サムデー サムウェアー)というユニット名で
3番目に組まれたユニットです!

中途半端な時期の発表ではありましたが、
初期暫定メンバーのセンターだった間島和奏
がセンターについています!

他のメンバーも

  • 山田まひろ
  • 清原梨央
  • 木村美咲
  • 籾山ひめり
  • 猪子れいあ

と、ラストアイドル中盤戦を盛り上げた
挑戦者達と山田さん含めた初期暫定メンバー
で結成された混合ユニットになります!

間島さんのセンターオーラが注目される
ユニットではありますが、他のメンバー
も若くて可愛い美少女が揃っているので期待大ですね

ちなみに、管理人エスプレ的に一番気になって
いるのは

 清原梨央さん!

蒲原令奈さん・長月翠さんに敗北したものの
アイドルとしての総合点はとっても高い美少女
ですのでセカンドユニットでも期待が高まります!

スポンサードリンク

ラブコチ(ラスアイファミリー)のメンバーは?

最後に最新のラストアイドルでも紹介された

Love Cocchラブコッチですが、
PASSPOっぽい!
という声や
ラスアイファミリーの中で最年長の西村歩乃果
がTik Tokという動画アプリでも既に人気爆発
していて知名度が郡を抜いて高いです。

LOVEを自分達のほうに。という意味をこめたのか
この最後のセカンドユニット

同じ位の身長の子たちがあつまりバランス
も取れています!

正統派とうところでは乃木坂46のような立ち位置
で次第に人気が出てきそうな気がしています!

つんく♂がラストアイドルでプロデュースする内容は?

今のところ分かっている情報では

・秋元康

・小室哲哉

・つんく♂

織田 哲郎

・指原莉乃

5名のプロデューサーがそれぞれ5組のうちのどれか
をプロデュースするということ

そして、みなさん今まで総合プロデュース
をしてきた面々ですから
衣装やMV・マーケティングもプロデューサー
の手腕で内容を決めていくのではないかと思います。

つんくとミニモニと今後のプロデュースユニットは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする