内村光良 の夢を叶える3か条とは?ウッチャンが私立スマホ中学教頭HRに?【ソフトバンク】

内村光良(うちむら てるよし)さんが、なんと
教頭先生デビューです!!

といっても勿論、本当の学校ではないですが^^;

3月から始まった、ソフトバンクの新サービス
「私立スマホ中学」という動画配信サービスの
教頭先生に就任したわけですね。

今回は「私立スマホ中学」とはなんぞや?

というところから、内村教頭の神授業の
ネタバレまでまとめてみましたのでチェック
してみてくださいね^^

内村光良(ウッチャン)のプロフィール

小さいころから映画監督になろうと決めていて、高校
卒業後に映画撮影の専門学校に入ったそうですよ。

その時点から「そうだったんだ!」と思うのは
管理人だけでしょうか??

ではなぜ、お笑い界の頂点に君臨するようになったのか?

授業で語られていますが

なんと、その専門学校にいたのが

ナンチャンこと南原 清隆(なんばら きよたか)
と、出川 哲朗(でがわ てつろう)だったそう
ですよ。。。

今、見てみるととてつもないビックネーム
(しかも映画関係ではない世界で)ですよね!

その後の展開はネタバレも含むので下に続きます。

スポンサードリンク

内村光良 の夢を叶える3か条とは?

授業では、まず内村教頭の自己紹介から始まります。

そして中学生の皆さんに

見て、聞いて、学んで、夢に向かって歩いていって
ほしい

ゆっくり夢を見つけていけばいい

と温かいメッセージを送って始まります。

最初は内村教頭の映画監督を志した経緯から
始まりました。なんでも

小学校のときに見た、

  • 7人の侍
  • チャップリン
  • ロッキー

に感銘を受けたんだとか。

園気持ちは

中学生になっても

映画を作りたい

高校生になっても

映画監督になりたい

と変わらなかったそうです。

スポンサードリンク

お笑いにいった経緯や3か条は?

横浜の映画の専門学校で南原・出川とであった
そうです。

夢を飽きずにいられること、夢をずっと
好きでいられること

これが大前提として、

第1か条

負けるということを知る

挫折は人を強くする。と、話していました。

内村さんも学生時代に自信満々にコンテストに
出した作品があっさり一時審査で落選して挫折
したんだとか。。厳しい世界ですね。

そのまま就職先がないまま卒業の時期
になり、そこで南原を誘って出たのが

お笑いスター誕生という番組

ここで

1回目準優勝

2回目4位

3回目優勝

と、優秀な成績を出し、お笑いの世界に転身する
ことにしたそうです。

そして、次第に

笑ってもらうのが快感になり

お笑いを一生の仕事にしたい。
と思うようになつたそうです。

ここで第2の格言として

夢は決して1つじゃない。と、
言われました。

人生って予測できないもの

追っかけてる途中で別の夢が
出てくるかもしれない

と、とっても考えさせられる格言
ですよね。

更に自由な質問コーナーでは

Q,どうやったら面白くなれる?

A,経験

Q,緊張のほぐし方

A.えづくだけえづく(笑)

と、なかなか強烈なアドバイス
をした後に

最後の3か条めに

いつも通過点だと思うこと

といわれました。

ゴールだな。と思ったら新しい夢が
生まれないから、いつも通過点だと思う
ことだと。

そこで経験することで、新たな悩みや目標が
できるんだ。ということを話していました。

以上ですっ!

内村教頭!大変勉強になる授業をありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする