翔んで埼玉内容やあらすじストーリーネタバレは?

まさかの翔んで埼玉の実写化に動揺中の管理人
エスプレです。

この漫画は3年前から知っているんですが、
絶妙なディスリ具合がめちゃくちゃおもし
ろいんですよね

今回の実写は7割がオリジナルストーリーで
監督はテルマエ・ロマエの映画化にも監督を
務めた武内英樹監督と、新たな作品としても
期待できます。

更に美少年御曹司主人公役には現在44歳のガクト
さんが主演をつとめるなど、なかなか奇抜な内容
になっています。

さてさて、今回はそんな話題性抜群の
「翔んで埼玉」の本編漫画についてまと
めていきましょう

スポンサードリンク

翔んで埼玉のあらすじは

埼玉県民が圧倒的に差別を受けている設定

主人公は、都内の名門校白鵬堂学院に転校してきた
美少年、麻実麗(あさみれい)

主人公は帰国子女の設定ですね

しかも実は、東京の御曹司で埼玉
とのかかわりが無かったはずですが

実は埼玉県の所沢生まれという衝撃的
な過去が明らかになります。

そのときの一コマがこちら

もう気持ちいいくらいのディスり具合です

まだ見たことない方でもこの一コマだ
けでも十分伝わるものがあるかと・・笑

男性が好きすぎるヒロインがどこにでも
ついていく。と健気な一言に対し、主人公

「所沢でも?」

と、、、。

もう、このマンガの中では所沢は

現実でいう、アフリカの辺境の地にでも
ついてくるのか?これないよな?くらいの
覚悟が所沢にいくには必要なんでしょう。

そりゃあ、さすがに好きでも躊躇してしまう
気持ちがわかります。

スポンサードリンク

翔んで埼玉の名言集

「埼玉県民にはそこらへんの草を食わせておけ!」

「生まれも育ちも埼玉だなんて おお、おぞましい」「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」

「一生に一度は三越に行くのが埼玉県民の夢」

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

「いたぞ、あいつだ! 埼玉狩りだー!」

・・・・ひどい言われようです(笑

さらには他県も

茨城

人口1,000人に満たない寒村である水戸が、なぜ市なのか日本七不思議の一つとされる。納豆以外の産物はないため非常に貧しく、県民の多くは埼玉県に出稼ぎに行っている。埼玉県より格下とされ、埼玉県内では茨城県民は奴隷のように酷使

ナチュラルに「埼玉よりも下」と言われているのが
もともと茨城県民だった管理人にはショックです(笑

まぁわかるけれども

因みに千葉県は、同じ作者の別作品でこんな評価を
うけています

僻地って(笑・・)

最終回まとめは?

ヒロインが主人公の

「埼玉県民自身が自信を持って
差別を撤廃させる」という夢を
応援していくロミジュリさながら
の純愛ストーリーと、埼玉県民の
自立運動の結果が気になる!?

というところで最終回は描かれる
ことなく連載終了しています。

理由は筆者が神奈川県横浜市に
引っ越して埼玉の悪口が書きづらく
なったからなんだとか。

なんとも中途半端な幕切れだけに
今も密かなファンがいるんだとか・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする