エスワティニ王国(元スワジランド)一夫多妻制で若い美女性多数がリードダンス?治安は?

今夜の「世界の村で発見!こんなところに日本人」

で取り上げられるエスワティニ王国という国が
気になります。

どうやら最近改名したばかりの国のようです。

場所も気にありますが調査してみると一夫多妻を
認めている非常に珍しい国ですね。

一体どんな国なのかまとめてみました。

スポンサードリンク

エスワティニ王国とは?どこにある?

エスワティニ王国の位置はアフリカの南部地方
にあります。

どうしてもイメージとして治安が悪く発展途上
なイメージがついてきます。

こちらについては後述しますね。

「エスワティニ王国」
と、初めて聞いた人も多いと思います
(わたしもです)

というのも、実は元々「スワジランド」
という国名でしたが

今年2018年の4月に国名の改名が決まった
ばかりなんだそうです。

どうりで知らないわけですね。

改名の理由は?

これは元々の「スワジランド」という国名に
理由があるのですが

イギリスから独立したときに
「スワジ」は現地の言葉だった
のに対して「ランド」はご存知の
通り英語です。

この部分に対して不満の
声がどうしても多く、純粋に
現地の言葉だけで国名をつけたい。
という意見から、建国50周年の今年を
きっかけに現地語のみで改名をしたんだとか。

因みに「エスワティニ」はスワジ語で
「スワジ人の場所」という意味になるそうです!

スポンサードリンク

エスワティニ王国の美女とは?

調べてみるとこちらの国では毎年リードダンス
という行事がおこなわれるそうです。

そこで若い女性たちが露出高く、国王のに目をつけ
てもらおうとダンスを
踊るんだそう。

そのかずなんと数万人というのですから
とんでもない人数ですね。

また、その期間はそれ目当てで一般男性も
大量に集まってくるんだとか。

更に避妊具などの使用は禁じられている
為にHIVの感染率が世界一位という側面も
あるといいますし、性暴力被害は3人に1人が
受けている。というユニセフが発表している
という事実もあります。

今回のテレビではエスワティニで働く日本人
男性を特集するそうですが、日本人女性が
住むにはまだ危険が潜む国だと個人的には
おもいますね

スポンサードリンク

エスワティニ王国は一夫多妻制?

なんと、エスワティニ王国は一夫多妻制が
認められています。

国王であるムスワティ3世にはなんと14人もの
奥さんを持っています。

因みにその前の国王は70人もの妻を
もっていたそうです。

なかなか衝撃的な話です。

ただ、こちらの地域の経済は一部の
白人が経済を大部分の実験を握って
いるそうです。

なので、一夫多妻制で入れるのは
本当にごく一部の経済的に豊かな
男性のみということになりますし、
それ以外の方は質素な生活を送らざる
おえないようです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする