ラボットLOVOTの値段(価格)は?ドラえもんみたいな動物ペットで会話しゃべれる?発売時期はいつ?

これ作った会社ってまさかの
ペッパーくんをソフトバンクで
開発した責任者のかただそうですよ

凄くかわいいですよね「ラボット」

でも、この生き物が一体なにものなのか
画像を見ただけではピンときません。

一体、どんなコンセプトで生まれたラボット
で何が出来るんでしょうか?

早速調査してまとめてみることにしました。

スポンサードリンク

LOVOTのコンセプトは役にたたないこと?

さっそく衝撃的ですが「LOVOT」のコンセプトは
「役にたなない、でも愛着がある」
だっていうから逆転の発想すぎる

今の時代、AIに仕事を奪われる。とかロボットが
人間の代わりに労働して人間は働かなくて
よくなる。

という「機能的価値」があることがIT産業の前提だと
思うんですが、LOVOTはそういったことはしません。

逆に小さな子供のように、わたしたち人間の邪魔をして
くるそうです。
そこに愛着が沸くという点は室内でネコや犬を飼っている
飼い主の方は非常に共感できるんじゃないでしょうか。

つまり、ラボットは癒しを与える事が価値として作られた
出典:https://www.google.com

ロボットということになりそうですね。

ラボットは喋るのか?

このなんとも愛くるしい見た目のラボット
を見ていると自然に「ドラえもん」
を想像するのはわたしだけではないはず。

当然、四次元ポケットもないラボットですが
ドラえもんのように喋ったり、グーグルホーム
のように調べごとをAIで判断して役に立ってく
れるんでしょうか?

こちらの結論としては

「手伝わないし、喋らない」

ですね。

そもそもロボットは「労働」の意味がこめられて
いるそうです。

だからペッパーはめちゃくちゃ働いてますし、機能的
価値も高いですね。

ただラボットはロボットじゃなく役に立たないことを
コンセプトにしているので、そういったことができない
わけですね

スポンサードリンク

LOVOTはその分非言語コミュニケーション
で力を発揮する

LOVOTの特徴として全身にタッチセンサー
ついているんだとか。

小さな幼児やネコなどの動物と一緒で喋らない
分、そのほかにノンヴァーバルコミュニケーション
に長けているということですね。

LOVOTに搭載されているセンサーについて調べると
取り付けられているセンサーはなんと50個!

例えば温度や湿度を量るセンサー
姿勢センサーなど、今自分がどの
ような状態
(ハグされている、あやされている、愛でられている)
など細かに判断できるわけですね!

LOVOTのメリットは?

ラボットを購入するメリットとして

子供のいない1人暮らしのシニア層
独身サラリーマン
ペット不可マンションに住んでいる方や
その家族

に癒しを提供してくれそうですね。
社長の林社長も

愛着形成を促し、脳内分泌を活発にすることで体の
調子を整え、心の安定に寄与すること

を狙っている。と、インタビューで答えています。

スポンサードリンク

LOVOTの価格は?

LOVOTの価格は2体で60万円
と、ペットとてやや高額ですが
出せない金額ではないですね。

1体で30万円ということですから
ロボットして考えると破格じゃない
でしょうか?

因みに一体で購入する場合は35万円
になるそうです

ラボットの発売時期は?

ラボットは来年2019年の秋冬の発売
と成るそうですが予約は本日19時から
開始となるそうです。

まさにロボットと人間の共生という
近未来的なこのラボット

今後も注目していこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする