ソフトバンク縛りなし廃止既存ユーザー利用中で既に使っている人は適用される?新規のみ?

珍しく携帯(通信料)について
記事にしようと思います。

まもなく新型iphoneも発売されますが
auに続き、遂にソフトバンクも2年間の
縛りを廃止するという情報が入りました。

ソフトバンクはなんだかんだ他のキャリア
よりも縛りの条件はきつくすると思っていた
管理人はビックリです。

一番に気になるのは既に契約済みの利用者の
違約金はどうなるのか?

という部分です。

そのあたりを調査して速攻まとめていきたい
と思います

スポンサードリンク

ソフトバンクの二年縛り廃止とは?

そもそも10月からはどこの
キャリアも更新月以外に
自社を辞める場合は

「9500円!」※税抜

という結構な違約金を設定
していました。

だからこそ、他社から乗り換える
人には極端なキャッシュバック
キャンペーンをおこなうなどして
お客さんを増やせていたわけですね。

ただ、そこに待ったをかけたのが、相手
が悪い

「国」です。

「顧客の囲い込みで適正な競争がおこなわれ
にくくなっている」

というのが、国の意見ですね。

だから、通信事業に対する法律を見直すこと
で、ユーザーが辞めたいときに辞めて、
自分の契約したい会社を選ぶことを出来る
ようにしよう!と、動いたわけです。

そんな話何年か前にもあった?

実は、そういった指導は数年前にも
指導が入っています。

ただ、当時法的なルールはなかったので、
携帯会社も表向きに大々的にはおこなわない
ものの、実は影で大きな乗換えキャンペーン
をおこなっていたわけです。

学校でたとえるなら、「優等生なフリして
裏では悪いことをしている」
(※たとえです笑)

といった感じでしょうかね。

もちろん法律(校則)に触れているわけでは
ないので、風紀委員の先生の指導に従わない
位のイメージでしょうか

スポンサードリンク

ソフトバンク二年縛り廃止で、今後はどうなる?

今回、auが解約金(違約金)を1000円に
見直しました。

まさに国の指導どおりに見直した。
といったところです。

それに対して、ソフトバンクは「廃止」
という結論を出しました。

思い切ったな!!

と思いましたが、ソフトバンクの
理由としては「1000円の違約金
を設けても、そのくらいなら他社
に乗り換える歯止めにならない」
という考えに至ったようです。

確かに「1万円」といわれるけど、「1000円」
といわれれば対して気にせずに乗り換えます
よね。

だったら

「完全に縛りなし(廃止)」

のほうが、インパクトイメージ
も強くて、逆に他社から乗り換える
材料になると考えたのでしょう。

乗り換えたほうが得なのか?

実際、解約金がなくなったと
しても、既に2年以内に、機種変更
や新規で乗り換えをした人はそこ
までソフトバンクから乗り換える
メリットはないかと思います。

正直、ドコモ、au、ソフトバンクは
品質も料金も似たり寄ったりですか
らね。

よっぽどの田舎に行かない限りは、どこ
を使っていてもそこまで大きな料金差は
ありません。

更に、現在人気のiphoneを分割ローン
で購入している人は、キャリアを変えた
ところで、今後数年は、本体代を支払い
続けることに変わりはありませんから、
焦って乗り換える必要もないでしょう。

乗りかえるなら格安スマホ(SIM)?

ただ、管理人エスプレとしては、格安スマホ
になら乗り換えるメリットが大きいと思います。

ドコモを使っている人はLineモバイル
ソフトバンクを使っている人はワイモバイル
など。

ソフトバンクに至っては、アフターサポートも
きちんと街中のショップでおこなってくれます
から、いままでと同じ感覚で使うことができます。

その際かかる費用も

番号ポータビリティ費用3000円
解約金は0円。
ワイモバイルの新規手数料3000円
SIMロック解除してもプラス3000円
で済みます。

それで基本料金が半額くらいになるんで
すから、格安スマホに興味あったひとも
無かった人もこれからの数ヶ月は検討して
も損しないとおもいますね。

スポンサードリンク

既にソフトバンクを使っているユーザーはどうなる?

こちらについては、調べてみてもまだ情報が
ありませんでした。

近日ハッキリするでしょうから、その後追記
させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする